クレジットカード決済でお支払いの場合、「キャッシュレス・消費者還元制度」が適用されます。

No.59949783

炊飯土鍋

11,000円(税込)

注文数量
大きさ

炊飯土鍋 < 台所で < TOP
商品紹介

炊飯用の土鍋です。飴釉がかけられ、茶褐色です。フタは、圧力がかかるように重く作られ、底部は、対流を起こしやすくするように丸みを付けてあります。「外蓋・中蓋があってこそ美味しく炊ける」という有名な土鍋がありますが、この土鍋は中蓋がなくても、伊賀土本来の機能と職人の英知と工夫によって、美味しく炊くことができます。

小 1合〜2合 直径190×高さ140mm 重さ1.9キロ 8,800円 当店販売終了
大 2合〜3合 直径200×高さ130mm 重さ2.7キロ 11,000円

私物の小サイズを撮影しました。底部にヨゴレ、フチにカケがあります。お届けは新品ですのでご安心ください。しかしながら、新品であっても釉薬の色目に個体差があったり、底部の土の色が赤くなっていたり、釉薬と土部分の境目がまっすぐではなくななめだったりと、工業製品のように均一ではなく、手作り品らしさがございますことご了承ください。


炊き方について
1. 水と米の割合は1.1:1.0位が目安 私は米2合に375cc
2. お米は研いでから30分以上は水につけておきます。
(土井先生は1時間水について一度ざるにあげます。)
3. 初めから強火にし、ブクブク噴いてきたら弱火にします。
(私は都市ガスコンロで19分炊きます。季節・水温など考慮して変える)
4. 水分がなくなったら火を止めます。
(おこげをつけたいときは、火を止める前に強火にします)
5. 火をとめても、土鍋は熱を蓄えています。その状態で放置することが土鍋炊きご飯の肝です。私は10分〜15分ほど蒸らします。これにて美味しい炊きあがりとなります。

土鍋について

この土鍋は、伊賀・土楽窯で作られた昔ながらの土鍋です。熱に強い特性を有する伊賀の土を使って作られています。使い始めは目止めといって、お粥を炊いて、土鍋の表面にでんぷんの膜をつくります。それで土鍋の小さなひび割れ・隙間を埋める効果があります。

普段は、底が濡れていないことを確かめて火にかけます。洗剤を使わずに洗い、洗い終わったら水気を取って、底を上にして乾かします。

それでも使っていくうちに、徐々にヒビが進行する場合がございます。手作り土鍋の特有の現象です。このヒビで鍋が呼吸をします。ヒビが入っても慌てず騒がず、またお粥を炊いたりするなどして丁寧に扱っていただければ、使用上問題になることはありません。取り扱い方法が同封されていますので、ご使用前に必ずお読みください。

私の土鍋生活は、コメの洗い方、研ぎ方、浸水の仕方を見直すきっかけになりました。きちんと丁寧に炊いたご飯はずいぶん美味しくなるのだなというところです。