買い物かご0

白木のトースト皿

税込3,300円
- +
商品紹介

白木のトースト専用皿です。「白木」は何も塗っていない削ったままの木材のことです。材はケヤキです。富山/日本製

経年変化を楽しんでいただくために白木です。使っていくうちに、手の脂、食材の成分、バターなどが移って色変わりしていきます。それらが経年して、自分だけの器に育っていくという算段です。

食パンをのせると、程よく余白が残る寸法で作られています。外寸240×180/内寸190×160mm

木皿は温度変化が少ないため、焼いたトーストが冷めにくい特徴があります。トーストから発生する水蒸気を適度に吸収し、カリっと感を保ちます。

裏側は持ち運びしやすいように彫り込みしてあります。

一皿ずつ、木目・色目(濃い・薄い)・刳り跡・重さが違います。それが木の良さ?大げさな言葉でいえば運命かもしれません。届いた木目・色目を受け入れてください。

そして木材には香りがあります。香りは、だんだん消えていきます。

メンテナンスは簡単です。水かぬるま湯で洗い、丁寧に水分を拭き取ると、長く愛用できると思います。さほど汚れがない場合は、パン屑を落としてキッチンペーパーで拭き取るくらいでよいかと思います。木は「乾燥と湿気を嫌い」ということだけ覚えてください。

白木のまま使わず、「オイル仕上げ」にしていただくのも一考です。クルミ油などを布に含ませて、薄く塗りのばします。そうすると木材保護になり、水分やヨゴレ防止にもなります。オイルをいれると、色目が色濃く仕上がり、木目がはっきりでるようになります。