買い物かご0

double cup/has

税込1,760円
商品紹介

白磁のダブルカップです。外側は真っ直ぐに切り立っていますが、内側は落ちくぼんで曲線を描いています。裏からみると二重構造になっています。

熱いお茶を入れてみましたが、熱伝導の高い磁器にしては熱が伝わりにくくなっています。熱いお茶を飲んでみましたが、口部が薄いため口当たりがとても良いです。カップをあまり傾けなくても、飲み物が口内に流れてくる印象です。

サイズ感

重さは129グラムと軽めです。大きさですが、直径は83mmとやや太め、高さは48mmと低め、満量180ml/適量150mlです。飲み物用とするなら、飲食店や来客向けの大きさになります。家飲み用の湯呑とかマグカップの代わりになる大きさではありません。

使用例1

150mlの液体飲料といえば粉末スープ。「熱湯150mlを注ぎ⋯」のつくり方はおなじみです。あっつあつを注いだはずなのに粉末が溶け切らず、底で固まっていたことは1度や2度ではないですが、このカップは底が丸く隅がないためか、一発できれいに混ざりました。そして最後まですくいやすいです。さらに洗いやすく、茶渋も付きにくい、と4拍子揃っており、「ただ者ではない」カップであることに間違いありません。

使用例2

デザイナーの意図はわかりませんが、飲料用としてだけでなく器として使えます。底が曲線で上げ底という器は珍しいものです。盛り付けの際、ボリュームが出しやすく、流行りのバエも期待できそうです。

hasシリーズについて

double cupは波佐見の堀江陶器とデザイナーの城谷耕生氏が作ったhasシリーズの1アイテムです。

hasシリーズは随分と前に発表されたものですが、2020年ネットを見渡してみるとどこも販売していない状況です。そこで誰にも頼まれていない当店が販売することにしました。

デザイナーの城谷耕生氏は業界では著名な方ですが、一般にはそれほど知られていないように感じます。タイミングよく長崎県立美術館にてコレクション展示があるようです。こんなアクセスの少ない場所で告知してもアレですが、関心のある方はどうぞ。