買い物かご0

サークルバッグ

税込39,600円
商品詳細

サークルバッグと言います。10年くらい前、初めてみたとき心躍りました。

バッグの持ち主に尋ねると、このバッグが円盤のカタチからできていることを教えてくれました。なのでサークルバッグです。円盤状に置いたときの直径580mm

デザイン/制作 カンダミサコ

神戸にある工房で、デザインから制作まで自分たちで行っています。機能的で美しいカタチを目指して、革を学び、技術を高め、革の持ち味を活かしたものづくりをしています。このサークルバッグは、そんな彼らの作品のひとつです。

表がヌバック、裏がディアキップという2つの革を使っています。表面は艶のあるヌバック革 裏面は柔らかいディアキップ どちらの色も黒です。

円盤のハンドルを持ちながら、空気中でパンパンと地面に叩きつけるような動作をしてあげると、

どこにもない、見たこともない、自然なドレープとカタチを伴った3Dバッグが現れます。革に柔らかさとしなやかさがなければ、このカタチになりません。

本来、バッグはモノを運ぶためにあるものですから、たくさんモノや荷物が入ることも大切です。しかし、サークルバッグは、持つことで心が弾むような、そばにあるだけでうれしくなるような、そんな気持ちにさせてくれる存在を目指して作りました。雑誌くらいまでの大きさでしたら入ります。しかし雑誌は少し出しづらいです。

品質について

大きな面が必要なこのバッグは、一頭丸革からでも、数個しか作ることができません。人間に、肌がきれいな人、やせた人、低い人、太った人、大きな怪我がある人、虫刺れやニキビ跡やアザがある人、イボやタコがある人。などそれぞれで違うように、同じ生き物である動物から作った革も、キズや穴は当たり前にあり、同じ形・同じ大きさ、同じ色の革などありません。

なるべくきれいな箇所だけで作りたいと思っておりますが、直径53センチと大きな面の革ですので、現実は甘くなく、多少の個性は含まれます。そういった個性が含まれた革を使用して作ったバッグということご理解ください。

2020年は革が廃番となり制作ができなくなりました。